自動審査

自動審査ってどんな審査をしているの?

自動審査は主にコンピューターのネットワークを使用して行われます。
ネットワークに登録されている個人情報を検索して、過去の利用状況や返済トラブルの有無が無かったかを調べるのが一般的です。
たとえ今回の利用が初めての消費者金融であったとしても、過去の借入・返済履歴というものはデータベースを通じてキャッシング業界全体で共有をしている為、即座に参照されます。
キャッシング会社はこれらの情報から、その人に対しての融資可否や利用限度額を設定し、この自動審査が完了します。

 

あくまでこの自動審査は簡易的なものであり、これに通過したら次の本審査に進むことができます。
いくらビジネスとはいえ、他人にお金を貸す訳ですから、どの会社でもこの信用の部分は慎重に行っています。

 

<もし自動審査でウソの内容を入力するとどうなるの?>
人間が信頼関係を築く上で、一番してはいけない事がウソをつくという事です。
これはキャッシング業界でも例外では無く、申告内容に虚偽があればそれはバッドステータスのデータとなって、金融業界全体で共有されます。
そうなると、いくら審査の甘い消費者金融でも自動審査の時点で弾かれてしまい、どこからも融資を受ける事ができないという最悪の事態となってしまいます。
審査の申告内容は、慎重に嘘偽りなく入力しましょう。

ちなみにアコム 限度額の増額などはきちんとした審査が必要になってきます。増枠できない場合は他社で借りるなどしてピンチを切り抜けるしかありません。

キャッシング会社が実施している自動審査リスト

キャッシング会社の自動審査に必要な入力項目は下のとおりです。
※会社によってもう少し細かい内容を入力しないといけない場合もあります。

 

・住所、氏名、生年月日、性別
・電話番号、メールアドレス
・住居種類、家族構成
・勤務先情報
・他社の借入額

 

個人の情報はもちろん必要なのですが、この中で最も重視している項目が「勤務先情報」です。
この勤務先情報は返済能力があるかを判別するための情報なので、細かい部分まで入力をしないといけません。
どのキャッシング会社にどんな内容の情報を入力しないといけないのかをまとめてみたので、参考にしてください。

 

<勤務先情報入力項目一覧表>

○…入力必須 △…任意 −…入力不要 空白…不明

 

プロミス

アコム

モビット

アイフル

レイク

オリックス銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

勤務先名

勤務先住所

 

所属部署

 

電話番号

社員数

 

資本金

雇用形態

最終学歴

 

入社年数

月収

年収

業種・職種

 

健保種類

収入形態

役職

給料日

 

休日

 

自動審査に必要な情報は事前に調べて準備をしておくと、申込みにかかる時間が大幅に短縮できるのでGOODです!

とりあえずお金が借りれるかどうかを知りたい人はコレ

とりあえず自分は融資をして貰えるのか、それをまず知りたい!という人向けにもっと簡単な自動審査があります。
基本的に全てWEBサイトからの入力で、5分もあれば審査が完了します。
あくまで借りれるか、そうでないかを判別するだけのものなので、OKの結果が出ても実際の審査で落ちる可能性も否定はできません。

 

<アコム>
3秒診断【pic】 生まれた年月、性別・独身既婚、保険種類、他社借入状況の 合計4項目入力

 

<プロミス>
3秒診断【pic】 生年月日、年収、他社借入金額の 合計3項目入力

 

<アイフル>
1秒診断【pic】 年齢、雇用形態、年収、他社借入金額の 合計4項目入力

 

<レイク>
借入診断【pic】 生年月日、勤務先入社年月、業種、職種、保険種別、年収、他社借入状況の 合計7項目入力

 

<ノーローン>
お試し診断【pic】 年齢、年収、他社借入状況の 合計3項目入力

 

私もこれらの簡易診断を実際に試してみましたが、すべて「ご融資可能と思われます」という診断結果が出ました。
恐らくこれは改正された貸金業法に基づいた計算だと思われます。
年収の1/3以上は貸してはいけませんと決まった為、最初の段階で明らかに融資不可能な人には無理かもよ?と伝えてあげているんでしょう。
事前に無理かも…と言われていると、本審査に通らなかった時のショックも幾分か和らぎますからね…(汗

 

兎にも角にもまずは、借入可能かを診断するところから始めるべきですね。
上の各診断ボタンを押すと公式サイトで診断ができるので、是非試してみてください。